落ちこぼれらいふはっく

落ちこぼれがスキルを身に着けて人生を攻略していくブログ!!

筋トレ

筋トレしても皮下脂肪が落ちない理由教えます。

投稿日:

「筋トレがんばってるのにお腹のぜい肉がとれない!」

「腹筋の上のほうはうっすら見えてきたけど、腰回りの脂肪がどうしても落ちない!

と悩んでいませんか?

全体的に引き締まってきた感じはするけど、ジーンズの上に乗っかているプルプルお肉を見て、

「ああ、これさえなければな…」

とフラストレーションを感じているかもしれません。

今回は筋トレ歴3年のジムトレーニーの私、むじょうが筋トレしても皮下脂肪が落ちない原因について教えていこうと思います!

 

本記事は筋トレを続けているのに皮下脂肪がなかなか落ちなくて悩んでいる人に向けて書いています。

内容は以下の通りです。

 

✅本記事の内容

  1. あなたの皮下脂肪が落ちない理由
  2. 皮下脂肪を落とす、おすすめの筋トレメニュー

 


1. あなたの皮下脂肪が落ちない理由

筋トレしてるのに皮下脂肪が落ちない理由として以下のことが考えられます。

  • 1日の消費カロリーより1日の摂取カロリーが多い
  • そもそも人体の構造的に皮下脂肪は最後まで残りやすい

1つ1つ解説していきますね。

1日の消費カロリーより1日の摂取カロリーが多い

カンタンに言うとあなたが1日で摂った食べ物のカロリーの合計が、あなたが1日で消費するカロリーを超えていれば体重は増える、ということです。

あなたの皮下脂肪が残っているということは、摂取カロリーの方が消費カロリーより多く、余った分が脂肪として蓄えられていると考えられます。

そして、ただ食事制限するだけではダメです!

タンパク質は1日に(あなたの体重)g×1~2は摂るのを忘れないでください。

マジでタンパク質の摂取は超重要です。

単純に1日の摂取カロリーを減らすだけだと脂肪より先に筋肉が消費されてしまうんです!

それを知らずに食べる量を減らしてしまうと、筋肉がつかないばかりか脂肪までため込んでしまうという悲惨な結果になってしまいます。

 

そもそも人体の構造的に皮下脂肪は最後まで残りやすい

脂肪はムダに存在しているわけではありません。

飢えをしのぐためのエネルギーを脂肪という形でストックしているんです!

そして余分なエネルギーである脂肪は、お腹まわりに集中して蓄えられます

お腹周りの脂肪が落ちにくいのは当然っちゃ当然なんです。

とはいえ脂肪のでっぷり乗っかったお腹はだれが見てもカッコよくはないですよね?

痩せにくいお腹まわりの皮下脂肪を落とすには2つのアプローチが必要です。

それは

  • 筋トレをして筋肉量を増やす
  • 食時制限をして摂取カロリーを減らす

です。

体の内側と外側からの双方向アプローチによって脂肪の燃焼を促進します。

お腹周りで言えば、腹筋に食事制限を加えていくといった感じですね。

読んでみてわかったと思うんですが、なかなかハードですよね…

腹筋だと負荷が軽すぎるのに加えて、回数もこなさないといけません。

さらにダイエットもすると考えると、かなり大変だと思います。

そこで、効率的に脂肪を落とすことができるとっておきの筋トレメニューを紹介します!

2. 皮下脂肪を落とす、おすすめの筋トレメニュー

腹筋よりも効率的に皮下脂肪を燃やすのに有効なとっておきな筋トレメニューとはズバリ

スクワット

です!!!!!

名前を聞いたことはあると思いますが、ダイエットのためにスクワットをやっている人は少ないです。

「スクワットなんてお尻にしか効かないし、おれはお腹まわりをどうにかしたいんだよ!」

と思うかもしれません。

いいえ、スクワットは腰、お腹、太もも、ふくらはぎなどを使う全身トレーニングなのです!

こんなにも体の部位をつかっているのはスクワットだけです。

短期間で成果を出したいならスクワットは断然おすすめです。

以下にくわしいやり方の動画をのせておきます。

 

だんだん負荷に慣れていったら、ウエイトを使っていくとよいでしょう。

フォームのポイントは

  • 背中は絶対まるめない(痛めます!)
  • 息を吐きながら上がり、息を吐きながら下がる
  • 足は肩幅より少し広めに開く

を意識しておくといいでしょう。

私もこのスクワットを筋トレに取り入れました。

すると、1週間を超えたあたりで腹筋の筋が見え始め、2週間でジーンズに脂肪が乗らなくなりました!

しかも食事制限もしていません!

スクワットに加えて食事制限もとりいれれば最短であなたの皮下脂肪を燃やしてくれることでしょう。


以上まとめると

  • 皮下脂肪(とくにお腹)が落ちない理由は、1日摂取カロリー>消費カロリーで、お腹の脂肪はもともと落ちにくいから。
  • 皮下脂肪を落とすには、筋トレ+食事制限が必要だがタンパク質は減らしてはいけない。(あなたの体重)g×1~2倍が1日に必要な量。
  • スクワットが脂肪燃焼におすすめ。

スクワットは効率的に脂肪燃焼できますが、その分ツラいです。

ですので最初は自重で行って徐々にウエイトを持ってやるようにしてケガ無く着実にトレーニングしていきましょう!

筋トレの効果を発揮するのにもっとも大事なことは「継続」です。

あせらずコツコツと積み上げていきましょう。

では、あなたの筋トレライフに光あれ!

 

 

-筋トレ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おすすめ筋トレアプリ「Muscle Booster」を使って筋トレしてみた!

「最近筋トレのモチベーションが下がってきた…」 「毎回トレーニングのメニューを考えるのめんどくさい!」 「筋トレをサポートしてくれる良いアプリないかなぁ?」   という人に向けて …

デッドリフトで腰を痛めると大変!筋トレ再開できるまでの期間はどのくらい?

非常に効率的に筋肉を鍛えることができるデッドリフト。高負荷であるからこそ、ケガした時のリスクも大きい筋トレ種目です。   今回はジムトレーニーであるわたしの体験談をもとに デッドリフトでケガした時の対 …

怠け者でも続く!筋トレの効果を最大にする食事方法【誰でも実践可能】

最近筋トレをやり始めたけど、なかなか効果がでない。あと、おすすめの食事とかあればついでに知りたい。と考えていませんか?   ✅本記事では、下記の内容を解説します。 ■もくじ1. 筋トレ時 …

筋トレの効果がでない原因は握力にあった!?

「バーベルで胸とか背中を鍛えているけど、腕が疲れちゃって追い込めない!」 「腕だけに効いちゃってほかの筋肉が大きくなってない気がする…」 「どうしたら背中とか、自分の効かせたい部位に負荷を …

筋トレにアミノ酸って必要?効果と摂るタイミングについても解説

「筋トレけっこうやってるけどどうも大きくなってない気がする…」 「アミノ酸がいいって聞いたけど、はじめたばっかで必要なのかな?」 「アミノ酸をとる場合費用はどれくらい?どのタイミングで飲め …

スポンサーリンク

(筋トレ+音楽+読書+プログラミング)×ブログ=成功

自分の理想のライフスタイルを手に入れるために日々奮闘しています。