落ちこぼれらいふはっく

落ちこぼれがスキルを身に着けて人生を攻略していくブログ!!

おトク情報 音楽

初心者でも気軽に作曲できるgaragebandの使い方

投稿日:

 

むじょう
むじょう
曲作りたいんだけど楽器も弾けないし、買って一から勉強するのも大変だしなぁ…手軽に作曲を楽しめる方法無いかなぁ?

 

そんな方にオススメしたいのがiPhoneにも常備されている「garageband」です。

garageband はAppleが開発した音楽作成アプリです。

むじょう
むじょう
無料アプリって大した性能じゃないんじゃないの?

と思われているかもしれません。

確かにgarageband は楽曲制作の初心者を対象に、使いやすさにこだわったアプリですが、その使いやすさからプロのアーティストもデモ音源(制作途中の音源)を制作するのに使っているほどです。

むしろこれから作曲を勉強したい人や、音楽を始めたい人にはもってこいのアプリです。

 

とはいえ、全くの初心者がgarageband で作曲しようとしてもチンプンカンプンだと思います。

わたしも何気なくgarageband のアプリを起動してみたものの、何が何だかさっぱりでした。

ギターをジャンジャカひいて多少は満足しましたが、やっぱり曲をつくりたい!

ってことで今回はgaragebandでの曲の作り方を初心者にもわかりやすく教えていこうと思います!

 

アプリを開く

garageband のアプリを起動します。

iPhoneユーザーならgarageband はすでに実装されているはずです。

ギターのマークが描かれているアプリをタップして起動します。

すると上のような画面が現れます。

画面内の「+」マークをタップして、曲の新規作成を始めます。

曲の新規作成を開始すると、「live loops」と「tracks」のいずれかの画面になります。

全くの知識0から楽曲を作る人向けは断然「live loops」です。

「tracks」はギターのコードやドラマのリズムなど、ある程度知識とテクニックがある人でないと使いこなすのは難しいでしょう。

一からドラムやギターの練習をするのはまったくの作曲初心者にはハードルが高いので、この記事では「live loops」を使ったお手軽な作曲方法を紹介します。

もし最初に「tracks」の画面が現れた人は、上の図2番目の「live loops」の文字をタップしてください。

「live loops」の画面が出たら「新規」の欄をタップして、いよいよ作曲に取り掛かります。

 

live loopsでサンプルを使って作曲する

live loopsで楽曲の新規作成を始めると、上のような画面になります。

四角い枠が横一列に並んでるのが分かります。

1番左端の四角い枠をtapします。

すると四角い枠に白い枠が強調され、「ループ」と「音源」と表示されます。

ここで「ループ」を選択します。「音源」の方を選択してしまうと「tracks」に移動します。自分で楽器を演奏して録音する作曲方法になってしまうので、現時点では選ばないでください。

「ループ」を選択すると、ギターやドラムなどの楽器サンプルがズラーッと並んでいます。

これらはgarageband に入っている楽器のリズムやメロディーのフレーズです。

もちろん無料で全て使用できます。

 

ここで好きな楽器サンプルを選んで色々はめてみるだけで面白いのですが、今回の目的は「楽曲を制作してみる」ことなので、少し楽曲の作り方について知っておくとまとまりのある曲が作れます。

 

大まかな楽曲の作り方は難しくありません。

  • 使う楽器を決める
  • 曲の構成を決める

の2つです。

 

使う楽器を決める

garageband で使える楽器の種類はたくさんあります。

「ループ」を選択して現れた上の画面の「音源」をタップしてわかる通り、16種類もの楽器から作られた楽器フレーズが使用できます。

楽曲を作るにあたって使う楽器を大まかに決めます。あとから楽器の追加はできますから、大まかでOKです。

今回、わたしは

  • リードギター
  • リズムギター
  • ベース
  • ドラム

のバンド編成で行こうと思います。

 

曲の構成を決める

曲の構成とは

  • テンポ(曲の速さ)
  • イントロ(曲の入り)
  • バース(曲の基本的な構成となるところ)
  • サビ(曲の1番盛り上がるところ)
  • アウトロ(曲の終わり)

大まかに5つと覚えていてください。

 

テンポを決める

live loopsの右上の画面にある「歯車」マークをタップすると、上の図のように「トラックコントロール」と「曲の設定」が出てきます。

「曲の設定」をタップしてください。

設定画面に移動しました。上から2番目に「テンポ」の欄が見えると思います。

せっかくバンド編成にしたので疾走感が欲しいなと思い、テンポは150ぐらいにしようと思います。

 

バースを決める

なんでイントロを抜かしてバースから作るかと言いますと、単純に曲が作りやすくなるからです。

バースは曲の全体を通しての基本的なリズムを構成します。

つまり、バースからギターやドラムの音を減らせばイントロ、

バースからギターやキーボードの音を増やせばサビ、

というふうに簡単に曲の構成を決めることができてしまうのです。

今回は

  • リードギター
  • リズムギター
  • ベース
  • ドラム

という楽器編成にしたので、バースの部分は

  • リズムギター
  • ベース
  • ドラム

の3つで作っていこうと思います。

 

再び「ループ」のところに戻り楽器サンプルから気に入ったフレーズを選んでいきます。

今回はチョッパーのカッコいいベースサウンドをチョイスしました。

フレーズ名をタップするのではなく、長押ししてください。

すると、画面がlive loopsの最初の画面に切り替わります。長押ししたまま青い四角を上の図のようにはめ込んでみてください。

はめ込みが成功すると、青い四角に模様のようなものが表示されます。

青い四角をタップするとその場で楽曲サンプルが流れます。

同じようにして、リズムギターとドラムをセレクトしていきます。

これでバースは完成です。

試しに3つの楽器で構成されたバースを聞いてみましょう。

1バースは縦の列で表現されています。サンプルがはめ込んである列の下の「↑」マークをタップすると作った1バースが流れます。

どうですか?作曲してる感じでテンションが上がりますよね!!

 

イントロとサビを決める

バースができたらあとは簡単です。

バースから1つ楽器を引いたらイントロ、1つ楽器を出したらサビになります。

live loopsの左下の部分にある「ペン」のようなマークをタップしてください。

するとマークが青くなり、はめ込んだサンプルたちを全指定した状態になります。

さらに1つのサンプルをタップすると上の図のように

  • カット
  • コピー
  • ペースト
  • 削除
  • セルに録音
  • 編集
  • 設定

と表示されます。

コピーを押すと1つの楽器サンプルがコピーされるので、別の空欄にペーストできるようになります。

ペーストを選択すると、

このようにコピーしたサンプルと同じものがはめ込まれました。

直感的に操作できるのがgarageband の良いところですね。

同じ要領でイントロとサビを作っていきます。

こんな感じになりました。

ピンクがイントロの部分で、黄色がサビの部分です。

サビの部分については、「サビらしくリズムを変えたいな」という時はドラムを変えたり工夫してみてください。

自分がベストだと思うフレーズを選ぶのがいい楽曲ができるコツです。

 

一度録音する

楽曲としてカタチに残すためには一度録音しなければなりません。

live loopsの上にある「赤い丸ボタン」をおすと4カウントの後、録音が始まります。

4カウントの間にすぐ1番左端のイントロの四角をタップしておけば、タイミング良く録音できます。

アウトロは、作ったバースをベースに作ってみてください。意外と曲を終わらせるのが難しいことに気がつくと思いますよ!

あとは作ったフレーズを左から右へ順にタイミング良くタップして繋げていくことで、曲が完成します。

 

まとめ

今回はlive loopsを使った楽曲制作の方法を紹介しました。

live loopsは既存の楽曲フレーズをつなぎ合わせて曲を作ることができるお手軽な機能です。

しかしギターの音にエフェクトをかけたり、それぞれの楽器のボリュームを調節したりすることで様々なアレンジを加えることができる、非常に奥の深い機能なので色々いじってみてください。

live  loopsでの曲作りに慣れてきたら、楽器の弾き方を覚えて、tracksでの楽曲制作に挑戦してみるのも面白いかもしれませんよ!

まずはこの手順で1つ楽曲を制作してみてください。きっと音楽の楽しさをより感じられると思います。

むじょう
むじょう
それでは、また!

 

-おトク情報, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安く買って安全に使おう!処方箋なしのコンタクトレンズのススメ

むじょうコンタクトレンズを安く買いたいんだけど、処方箋が必要だしなあ…なんかいい方法ないかなぁ? という方に向けてこの記事を書いています。 この記事を読むことで次のことが分かります。 コン …

「このページに安全に接続できません」or「このページを表示できません」とMicrosoft Edgeを開けないときの解決法

        ある日、このインターネットに接続しようとしたら「このページを表示できません」と表示されました。 おかしいな、と思いページを消してもう一度「Microsoft Edge」からインターネッ …

スポンサーリンク

(筋トレ+音楽+読書+プログラミング)×ブログ=成功

自分の理想のライフスタイルを手に入れるために日々奮闘しています。