落ちこぼれらいふはっく

落ちこぼれがスキルを身に着けて人生を攻略していくブログ!!

英語学習

英語が確実に身につく勉強法〈普遍かつシンプル〉

投稿日:2019年5月10日 更新日:

「英語を確実に話せるようになりたいけど、どうやって勉強したらいいかわからない!

「英語を話せるようになりたいけど勉強の仕方がわからない、英語の勉強で絶対失敗したくない!」

こういった人の疑問に答えます。

本記事の内容

英語学習で一番重要なのは「文法」です

・‌英語を”英語の順番のまま”理解する

・はじめのうちから音読して英文を読むことを意識する


この記事を書いている僕は、英語学習歴3年ほど。

この3年間で独学で日常英会話ができるレベルになりました。

英語学習初心者のよくある悩みとして、「英語の勉強で何から始めればいいかわからない・・・」という点があると思います。

僕も初めは英語が大の苦手科目でした。単語帳や英文をとりあえず読んで見るものの覚えることがいっぱいで全然頭に入らなく、そっと本を閉じ英和辞典を枕に夢の世界へ・・・なんてことがしょっちゅうでしたね。

とは言っても、3年くらい英語学習を続けてみると「王道の英語学習方法」というものがだんだんわかってきました。

そこで今回は「英語を学習する際の手順や注意点」などを解説していこうと思います。

英語学習で一番重要なのは「文法」です。

英語だけでなくすべての言語で言えることですが、言語学習において一番最初に学習するべきなのは「文法」です。

なぜなら、文法とはその言語を話す上での絶対的なルールだからです。

単語はある決まった法則の元に並べられることで「文」として成立します。

人はその単語のかたまりを順に聞き取ることで「文」として認識し、初めて意味を理解することができるのです。

例えば、

A stranger guy suddenly screamed out and took off his pants.

アメリカ人がこの文を訳そうとしたとき、どう考えるでしょうか?

当然、アメリカ人の脳内はこうなっているはずです。

見知らぬ男が、突然叫びだした、そして、脱いだ、彼のズボンを。

もうお分かりでしょうか?

私たち日本人が日本語を日本語の順番のまま瞬時に理解できるのは、日本語の文法がしっかりと私たちの中に身についているからです。

アメリカ人もきっとこの語順だからこそ英語を理解できているはずです。

この語順とは、英語では主語が先に来て次に動詞、目的語、比較的どこにでも副詞が来る…といった文法上のルールのことです。

英語を聞いて瞬時に内容を理解するには、英語の文法をしっかり身につけ何が名詞で、何が動詞かしっかり把握することが絶対的に必要なのです。

英語を英語の順番のまま理解する

英語は英語の順番で理解することの重要性を話しました。では具体的にどのような学習を行えば良いのでしょうか。

皆さんの中や周りのクラスメイト、友達の中にこういう人はいませんか?

・英文和訳ばかり勉強しがち

・英文の意味を考えるとき、一旦日本語に訳してから組み替える

・結構英語読めるけど話すとなると自信がない…

などなど。

当てはまる人結構多いと思います。実際、私もかつてそうでした。というか、日本人こういう人がほとんどなんじゃないでしょうか?

残念ながらこういった人は英語を読むことはできるかもしれないけれど英語を話す、聞くことは絶対できません。

理由を説明します。

まず、言語の学習方法には大きく分けて2種類の学習方法があります。

インプットとアウトプットです。

インプットとは、読む、聞くことで知識を頭に入れる作業のことです。

一方で、アウトプットとは、話す、書くことで頭に入れた知識を行動に移す作業のことです。

一般に、人はインプットをして知識を整理した状態で記憶し、アウトプットで整理された知識を実際に使ってみる(つまり練習する)ことでその知識のさらなる理解、定着を図ることができる生き物です。

英語学習で例えると、英語を読む、聞くことで英語→日本語に訳す能力が向上し、英文が読める、英語を聞き取れるといったようになります。

反対に、日本語を英語に訳す、英語を実際に話すことで日本語→英語に訳す能力が向上し、英文が書ける、英語を話せるという状態になるのです。

ですから英文を読んだり、英文和訳をするだけではいつまでたっても英語を話すことはできません。

英語を話すための学習方法には英作文や音読をするといいでしょう。

英作文については以上の理由から、英語が話せるようになる音読法について詳しくお話ししましょう。

はじめのうちから音読して英文を読むことを意識する

音読して英文を読むといってもただ英文を追って声を出すだけでは意味がありません。

頭の中で英語の語順を意識しながら読み進めていきます。

けっして文を読み返してはいけません。

そしてその英文を読んで意味がつっかえずに読めるようになったら、今度は声に出して音読してみましょう。最低3回は音読すること。

この作業をする理由は、英語の語順を自分の頭に定着させることです。

まずは英文を目で見て、読むことで英語の語順で自然に意味が頭に入るよう訓練するのです。

その後、声に出して語順の更なる定着、英単語の発音の確認を行うことができ、実践的な英会話力がようやく身につきます。

この精読音読を組み合わせることで爆発的に英語力が身につきます。片方だけやるのでは効果は半減どころか、実際の英会話力はつきません。断言します。

これを聞いた皆さんの中には「なんか時間がかかりそうでめんどくさそう…」、「音読は少しこっ恥ずかしい…」と思う人がいるかもしれません。

ですが、英文の精読、音読は基本の学習です。ゆっくり正確に英語を読めない人が、速く正確に英語を読めないのは当たり前です。

 

以上のことをまとめると、

・英文法は英語の基本のルール。品詞がどのような法則で並んでいるか意識する。

・英文を読む際に、英語を日本語に直して読まない。英語を英語として理解することを意識する。

・英語学習は音読を取り入れると英語の総合力が上がり、英会話力もあがる。

今回説明したことは、具体的な英語の知識というよりも、英語学習の基本的な姿勢です。これらを意識するだけで英語の学習に目的が生まれ、スムーズになると思いますし、確実に英語を話すことができます。

さあ、あなたもあやふやで無駄な時間の多い英語学習より、確実で効率のいい英語学習に今すぐシフトしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-英語学習

執筆者:


  1. […] 詳しくは「英語が確実に身につく勉強法【普遍かつ王道】」を読んでみるとわかりやすいと思います。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたのオンライン英会話が続かない理由と4つのやる気を上げる方法

むじょうオンライン英会話を始めてみたけど、仕事やプライベートが忙しくて続かない…。モチベーションを上げるにはどうすればいいのか教えてほしい! という人に向けての記事になります。   Con …

男らしい英語の話し方

むじょう英語を喋ってる人にも男らしい喋り方ってあるの?どうせならカッコよく英語を話したいんだけど… という疑問に答えます。   Contents1 もくじ2 1. 英語にも「男ら …

英語のリスニング力がみるみる上達する!効果的な勉強法を教える

「英語のリスニング力が上がらない!」 「リスニングの時、頭で日本語に変換している!」 「効果的にリスニング力をつける勉強法も知りたい!」   という方、いらっしゃいませんか?         良い方法 …

後悔するな!大学生活でアルバイト以上に大切なことを大学4年生が教える

  こんにちは、むじょうです。大学4年生です。 大学1年生の皆さんは今年いかがお過ごしでしょうか。 突然ですが、あなたにとって「充実した大学生活」とは何でしょうか? サークルのメンバーとバーベキュー? …

rarejob英会話受講者が教える、会話力の上がるrarejob有効活用法

むじょうrarejob英会話レッスン受けてるけど、全然英語上手くなってる気がしない…オンラインレッスンを使ったオススメの英語学習法を知りたい!   という人にオススメの記事です。   この …

スポンサーリンク

(筋トレ+音楽+読書+プログラミング)×ブログ=成功

自分の理想のライフスタイルを手に入れるために日々奮闘しています。